夏場

陣痛室ってどんなところ?

陣痛室って聞いたことありますか。
妊活中なら調べているかもしれません。
その名のとおり、陣痛の為の部屋です。

陣痛室とは、出産の為に入院した後に、分娩に備えて適切な処置をする部屋です。
陣痛を感じて、陣痛の感覚が定期的になった場合、病院の指示に従い入院します。
入院したら、分娩用の服に着替えて、血圧を測ったり検尿をしたりと、妊婦健診と同様の検査を一通り行います。
その後、内診を受けて、子宮口の広がり具合を確認します。
会陰切開に備えての剃毛などもここで行う事が多いです。
また、血管確保のための点滴などの処置も行う事があります。
その後、分娩監視装置を装着します。
この装置は、陣痛の強さを測って、分娩への進行具合を見る機械です。

また、赤ちゃんの心拍も確認できるので、おなかの赤ちゃんが元気かどうかも分かります。
子宮口が最大の10㎝に開くまでの間に陣痛室にいる事になります。
陣痛室は、個人部屋の場合もありますが、複数の人が入れる部屋もあり、病院によってまちまちです。
また、LDRといって、陣痛から、分娩、回復まで、一つの部屋で行う場合もあります。
LDRの場合は、陣痛が最大の時に、分娩室へ歩いて移動する負担がなく、妊婦にとっては、体に負担がかからないと言えます。
しかし、LDRは、導入されている病院が限られており、また、別途利用料を取られる場合があります。
陣痛室では、子宮口が開くまで、陣痛に耐える部屋です。
うまく痛みを逃す必要があります。
陣痛室は、付き添いの入室が認めらえている場合がほとんどなので、パートナーや、家族に痛みを逃すのを手伝ってもらう事も大切です。
妊活中に、どのように痛みを逃したらいいのかを話し合っておいたり、グッズを用意しておいても役立つと言えます。
また、水分補給や、栄養補給もすることができるので、分娩に備えての補給をしておくことも大切です。

おなかを痛めて産んだ子などとよく言いますが、陣痛室がまさにおなかの痛さが最大の部屋と言えるでしょう。