夏場

妊娠中に辛いものは食べても平気?

妊娠中には、あまり辛いものを食べない方が良いという話、一度ぐらいは聞いたことがあるでしょう。
辛いものを食べると胎児に影響があるのでしょうか。
妊活中にぜひ真偽のほどを知っておきましょう。

結論からいうと、辛いものを食べたらといって、胎児に影響はありません。
辛いものを食べたからといって流産する危険性も確認されていません。
ではなぜ、辛い食べ物はダメだといわれているのでしょうか。
それはいくつかの原因があります。
一つは、辛いものを食べすぎると胃腸に刺激がありすぎて、おなかを壊す危険性があるという点です。
日本人の体は、辛いものに耐性があるようにはできていません。
しかも、妊娠中は、体のあらゆる部分が、過敏になっていて、刺激を受けやすくなっているのです。
また辛み成分が吐き気を誘発する可能性もあります。
あまり刺激の多いものは避けた方が無難でしょう。
次に、塩分の問題があります。
辛い食べ物を思い浮かべると、カレーやキムチなどが挙げられます。
キムチは言うまでもなく漬物です。
塩分が多く入っています。

また、カレーも油と塩分の塊です。
香辛料が使われているものは、刺激に味が負けないように塩分が多めにされているものが多いのです。
塩分を過剰に摂取すると、高血圧につながり、胎児に影響も出る可能性があります。
塩分の多い食べ物は妊娠中は避けた方が良いと言えます。
辛いものを食べると、おもわずご飯も進んでしまいます。
水分も多く取ってしまうものです。
過食や、むくみの原因にもなりかねないので、注意が必要です。
しかし、香辛料には、体を温める働きがあり、妊婦の大敵の冷え予防には効果的という良い面もあります。
辛い食べ物が絶対にダメという事ではなく、適度な量を加減しながら食べる事が大切言えるでしょう。

どうしても辛いものが食べたいときには、自分で作るという事もお勧めです。
自分で作れば、塩分の調節も出来ますし、香辛料も程よく入れる事ができるというメリットがあります。